「晩菜」店名の由来
店名になっている、「晩菜」とは、晩酌と、酒のあて・つまみ(惣菜)という意味合いが
私たちの目指す雰囲気にとてもマッチングしていることから名づけました。
関東地方ではそうざいの事をおばんさいと言うこともあり、スムーズに耳になじみ、
皆様に覚えていただけるよう願い、名づけております。

料理を舌で、目で、また包み込む空間もまた、味わいと言うものに結び付けて
お客様に気持ちの良い時間をすごしていただけるよう、心がけております。


晩菜からご挨拶    店主 豊島 真
ホームページをご覧頂き有難うございます。
晩酌と酒の肴、惣菜で一杯、という思いから店名を晩菜(ばんさい)とし、
お蔭様で13年目を迎えました。
素材に手間と暇をかけ、目でも味わえるよう季節を感じていただける様、
盛り付けや器も選び心に残るひと時を過ごしていただけるよう
スタッフ一同日々努めております。
料理に合う地酒、本格焼酎もそろえてます。
日本酒は抜栓するとどんどん品質が変化するとてもデリケートなものです。
たくさん種類をそろえることが難しいため、入れ替え商品をご用意し、
日本酒にもある“旬”を味わっていただけるようにしております。
また最近本格焼酎を飲まれる方が本当に多くなりました。
焼酎には甘味がなく、女性には嬉しい糖分ゼロ。
他に比べ血栓溶解度も高く、最近の焼酎ブームは健康による所が大きいですね。
若い世代の方がいろいろな種類を試され、自分好みの逸品を探している姿を
ほほえましくみております。
もっと日本酒、焼酎が味わい深いものになるよう機会を見つけ、
お話をご紹介していけたらと思っております。

           

晩菜の理念
喜びの場所・時間を提供し、
心には癒しになる空間とおもてなし、
気持ちが伝わるように心を込めた料理で大切な時間を過ごしていただく
体には安全で新鮮な北海道産の食材をたっぷり使い栄養を得ていただき
明日への活力の為につとめます。
お客様とスタッフがよいエネルギーの交換ができること。
スタッフとはともに素敵な心配り・心使いが出来るよう人間力を育て
それぞれの人生が実りのあるよいものに、
他のことに無関心ではなく喜びや幸せが少しでも広く波及するように
大切な時間を過ごしたい。


Copyright (C) 2004-2017 Bansai. All rights reserved.